お手軽に稼げる投資

「FXは危険だ」

世間ではそういう意見が多いです。
 

確かに、
私の周りでも実際に損をしたという人がたくさんいます。

実際にデータとしても、
9割以上の人が赤字で撤退すると言われる業界です。
 

しかし反対に、
数千万円~数億円と稼いでいる人がいるのも事実です。

では、
どうしてこんなにもたくさんの人が
稼ぐことができていないのでしょうか?
 

色々な原因が考えられるでしょうが、
私がアンケートを取った中で多いのは、

・今買ったら(売ったら)いいのはわかっているのに、
感情に負けて機会を逃してしまった。

・損切りが怖くていつの間にか、
すごく大きな損をしていた。

・チャートの分析方法が合っているのかわからない。
 

などといった意見が多かったです。
 

もしかしたら、
あなたにも思い当たる節があるかもしれません。
 
株式投資の経験者にも共通する内容ですね。
 

特にFX初心者であれば、
自分のトレードに自信がなく、
不安に流されて、
初志貫徹できなかったりするでしょう。
 

私が感じるのは、損をする原因の多くは、
「人の感情」
の部分にあるのではないかと思っています。
 

人間は、その時の感情次第で、
同じ物事を悲観的に見たり、
客観的に見たりします。
 

ですので、
同じチャートを見ていても、
自分の感情次第で
上がると予想する日と、
下がると予想する日があるのです。
 

それでは、
運に任せた運用になるのは当たり前ですよね。
 
そのせいで、
たくさんの人が大切なお金を失ってしまっているのです。
 

つまり、
この「感情」に左右されないトレードができれば、
安定的に収入を得ることができるのではないでしょうか?
 

実はこの感情の問題というのは非常に難しいものです。
 

意外かもしれませんが、
株式投資経験者であっても、実はFXでは初心者同様この感情に左右されます。
 

それは、株式投資よりも金額の変動が激しく、
数秒の判断ミスが大損害になるFXならではの難しさなのかもしれません。
 

今回は、
株式投資経験者であっても苦戦するFXの問題点を解消する手法を紹介致します。
また、この手法はFX初心者であっても高確率で利益を出すことが可能な手法でもあります。
 
それは「感情」を排除したトレードを可能にする
「システムトレード」
という投資手法です。
 
それでは、このシステムトレードについて
具体的にご紹介していきたいと思います。
 

『システムトレードとは』

システムトレードとは、
ある一定の法則に従って、
自動で売買を行ってくれるものです。
 

ストラテジーと呼ばれる運用方法を
自動で行ってくれるので、
自分の考えを挟む余地がありません。
 

これなら、感情に左右されることなく
安定的に取引を行う事ができます。
 

システムトレードの良さは、
それだけではありません。
 

一番の魅力は、
自分がチャートを見ていない状態であっても、
勝手に取引が行われるという点です。
 

どういう事かというと、
「完全自動で稼ぐ」事が可能になるのです。
 
完全自動という事は、
自分がお風呂に入っている時も、
ご飯を食べている時も、
更には寝ている時にさえ稼いでくれます。
 

自分がチャートを見ずに取引をするのに、

FX経験者とFX初心者の間に、
取引の技術の差が表れるでしょうか?
 

そうなんです。
 
このシステムトレードを使えば、
全くFXをしたことがない初心者であっても
稼ぐことが可能なのです。
 

いわゆる
「不労所得」
を作ることが可能で、
今非常に人気のツールです。
 

『システムトレードの種類』

副業として始めるなら、
夢の様なシステムトレードですが、

その方法には大きく分けて二種類存在します。
 

まず一つ目が、
「選択型」のシステムトレード。
 

これは、
FX会社のシステムトレード専用の口座にログインして、
そのサイト内で運用するストラテジー(運用方法)
を選ぶものになります。
 

もう一つが、
「インストール型」のシステムトレードです。
 

これは、
自分のパソコンにソフトをインストールし、
それにより運用を行います。
 

『システムトレードの選び方』

前項の様に、
大きく分けて二種類に分かれるシステムトレードですが、
 

特に初心者の方には、
選択型のシステムトレードをお勧めします。
 

その理由は、三つ。

まず一つ目は、
コスト面です。
 

選択型のトレードの場合のコストは、
普通のFXに比べてスプレッドが大きいことです。
 
最近のFX口座では、
米ドル/日本円で0.3~1.0銭くらいかと思いますが、

システムトレードでは、
2~4銭の物が多いです。
 

この差がシステムトレードのコストと言えます。
 
しかし、
インストール型のシステムトレードの場合には、
もっと大きなコストになる可能性があります。
 

特に、取引するFX口座とは別に
システムトレードように口座を
開設する必要があるものも存在し、
 
その利用料がかかることもあるのです。
 

二つ目の理由は、
自動売買という点からです。
 

システムトレードの大きな魅力の一つが
自分がチャートを見なくても
勝手に取引してくれている点ですが、

インストール型の物の中には、
自動で取引できないケースもあるようです。
 
例えば、
常にネットに繋がった状態でないといけないものや、
パソコンの電源が切れていると取引ができないものもあります。
 

一方で、
選択型のシステムトレードの場合には、
ほとんどの場合そういった制限がなく
自動で取引がされます。

(「ちょいトレFX」という選択型のシステムトレードに関しては、
パソコンの電源が入っていないと売買できないので、
一概には言えないかもしれませんが・・・)
 

そういった点からも、
選択型をお勧めします。
 

そして三つ目ですが、
多くのストラテジーを比較できるという点にあります。
 

インストール型の場合には、
インストールした一社分のみの
ストラテジーでの運用になりますが、

システム型の場合には、
複数のストラテジーを組み合わせることができます。
 

各ストラテジーには、
特有の癖があります。
 
例えば、
レンジ相場では非常に大きな利益を上げるものの、
急激な下げ相場の場合には損が出てしまうもの。
 
トレンドが発生している時には、
大きな利益を上げるものの、
レンジ相場では取引回数がほとんどないもの。
 

このように、
それぞれの得意なタイミングや、
取引回数が違ってきます。
 

一つのストラテジーだけの運用ですと、
そのストラテジーの苦手な状況になった時に、
大きな損を出す可能性があります。
 

しかし、
複数のストラテジーを併用することで
そのリスクを避けることが可能なのです。
 

更に、
選択型の良い点は、
それぞれのストラテジー同士が比較される点です。
 

各ストラテジーには、
その運用方法を作った開発者の方がいます。
 

その開発者の目的はもちろん、
多くの人にストラテジーを使ってもらう事。
 

という事は、
他のストラテジーと比較されやすい環境にある
選択型の場合には、

自分のストラテジーで
利益が出る根拠をしっかりと示します。
 
(根拠とは、過去何年間でどのくらいの回数の取引があった上で、
このくらいの利益を出したというテスト結果等を指します)
 

さらに、
人気のストラテジーのランキングや、
過去の運用実績のランキングがあるなど、

初心者でも安心して取引できるシステムが
整っています。
 

『まとめ』

今回は、
ほったらかしで稼げる方法である
システムトレードについて説明してきました。
 

お金を稼ぐことも大切ですが、
時間や手間がかからないというのも
非常に重要なことです。
 

私の周りにもお金をたくさん稼いでいる人がいますが、
時間のない人程、
幸せそうに見えません。
 

自由なお金も時間も作ることが可能なシステムトレード。
 
是非しっかりと勉強してチャレンジしましょう。

関連キーワード
投資の関連記事
  • 【たったこれだけ!?ストラテジー選び三つのポイント】
  • 【ほったらかし!!システムトレードで稼ごう】
おすすめの記事
未分類
WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。...